雨間



 んーっ、と意味をなさない発声、それで胡堂辰巳は、自分が今まで眠っていたことに気づいた。
 背中の辺りに、頬の感触のようなものがある、やわらかい。
 「なんや、辰巳、起きたのん」
 寝惚けて掠れた声、従弟の胡堂司である、甘い甘い、それでいて、どこかでふっと途切れるような感じ。
 新鋭化学教師、辰巳先生は準備室の机に突っ伏して眠っていた、その背中にもたれて眠っていたらしい。
 どうしてこう、うちの家系はすぐに眠るかな、と思いつつ。
 「辰巳、コーヒー」
 「家に帰って飲め、このままこの部屋でコーヒー飲み続けたら、カフェイン中毒になる」
 「だーれーがー」
 妙な方向に首をかしげた問いかけ、ぱちん、と額をはじいてみる、いて、と声がした。
 「俺様が」
 そんなところで、意志疎通は出来るのである。
 別に血のつながりやらそういうものだけでなく、特に通じる二人というか。
 別にこいつと通じていたいなんて思わない、お互いに毒があるのは知っている、体も心も、
相性はよいのだろうけど。
 そろそろ前髪を切らないと。


 六月、ではあるが。
 確かに顔は整っている、ぱっと見て一番最初に目に付くのは顔、それでも、辰巳先生、どんな人だった、
と人から訊かれて必ず答えるのが、ルックス?
 いやいや、何故か白衣の背中、であった。
 背中がかっこいい男なんて、反則である。
 「せんせ」
 司はいつの間にか、膝の上に乗っている、妙な格好だと思った。
 「何してんの、お前」
 「ゆーわく」
 首に手を回し、甘い溜息、くちびるをぎりぎりまで近づけてくる、くる、くっついたのは、頬だったが。
 せんせの眼鏡、邪魔や、と呟くのが聞こえた。
 「今夜、せんせの家に泊めてほしいんや」
 半開きなのは、さて目であったかくちびるであったか、ともすればすぐにかき消えてしまうような印象。
 曖昧な辰巳の余裕、司の紡ぐような声、そのどちらとも言えない何かが、交錯していた。
 なんで、と問い返す声はつられることなくしっかりしていて。
 多くの者が落とされ、引きずり込まれないではいられない司のまなざし、しぐさも、
惑わされずにいられるのは、幸か不幸か。
 長い睫毛が陰をつくる、やわらかいくちびるが噛まれる。
 理性をなくしてしまえ、と訴え掛ける不協和音のような、それでも聴かずにはいられない、
一種のまやかしのような声も、慣れてしまったのか。
 それは、それで困るような気もするが。
 惰性と耐性の和を二乗して、家族愛の行き過ぎ。
 「久々に、辰巳のつくったエビピラフ、食べたいんや」
 くちびるを外されて食傷気味。
 「なんや、奪ってやろう思たのに」
 「なんでお前に奪われる必要が、」
 ちらりと上目の、不安定にかしげた首に、かり、と噛み付いた。
 「ピラフー」
 「めんどくさー」
 「ピラフー」
 さっきまでまとっていた雰囲気など、さっさと脱ぎ捨てて、明るい声、ただ食べたいものを訴える。
 甘えるな。
 「宿泊代と食費はきっちり頂くからな」
 「えー……けち」
 机の上の紫陽花は、まだ色も変わらない。
 「愛が足りんよ、」


 「あー、雨やね」
 「見りゃ分かるだろ」
 朝らしい、辰巳の部屋である。
 辰巳はベッド、司はその隣に敷いた布団の上、二人とも寝起きはめっぽう悪い。
 「ベッドに上げてくれたらええのに。一緒に寝たかったなぁ」
 「それは嫌だ」
 「なんでや、俺は気持ちええよ?」
 「知ってる」
 乱れきっている。
 司がベッドの上に這い上がってくる、ぽふ、と奪い取った枕に顔を埋めて二度寝。
 「おい、学校遅れる」
 「んー、そんときは辰巳も一緒やもん」
 「先に言っとくけど、車、乗せていかないからな」
 一言で、がば、と起き上がる、うそぉ、と叫んで司は準備を始めた。


 ほこほこ、コーヒーを沸かす音。
 窓を開けると、雨の匂いが立ちこめる、コーヒーの匂いと混じって。
 「今、思たんやけど、せんせ、朝の雨の匂いがする」
 コーヒーを入れながら、司が呟く、それならば司は夜の雨の匂いではないかと。
 「ベランダの紫陽花、ちょっと教室に持っていってええか。飾りたいんや」
 「司、行く前に一回帰らないんか」
 眼鏡を探しながら、訊く。
 「今、帰っても誰もおらん、父と母は旅行中や」
 「ふん、叔父貴たちはまた旅行か」
 「そや、何回新婚旅行したら気が済むんやろ」
 「それでグレた司くんは、不良になって朝帰りか」
 「文句あるか」
 あるもないも、司は腰に手を当て、胸を反らせる、妙に反抗的な態度。
 「お前、性格、俺にそっくりだよなー」
 「うわ、それって最悪やん」
 「なんだと」
 「ふん、だからルックスはええのに、未だに決まった相手がおらんのや」
 「俺がな、相手を決めると、その一人以外の多数のファンが悲しんだり、争いが起こったりするだろ、
だからだよ」
 「ふうん、不特定多数ってことか。みんなに言うてやろ」
 「……エビピラフ返せ」
 お互い、ガキ、と舌打ち。
 雨音は強くない。
 雨の、匂いも。



戻る


女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス