れんれん連歌部。第一巻、第二巻

連歌部入り口。

連歌部部室。


第一、二巻目部員→ キタダヒロヒコ(顧問)  田丸まひる(部長)  しんくわ  加藤苑三  佐藤羽美  千草話静加

こんな風に連なってきました。

一.冬の枝の巻

午後三時 君と校舎と冬の枝 ヒロヒコ
 この北風を僕だと知って 羽美

明快となりすぎはしない名解答 静加
 待ってるなんて思わないでね まひる

宙に浮く悲しみは粒になりました 苑三
 きりんのママンに知らせておこう しんくわ

いつまでも君はキリンの夢を見て 羽
 しょうがないからひとりで泣くよ 静

今日雪が降ることくらい知っていた ま
 手だけこんなにはだかのままで ヒ

てのひらを陽に透かしてもいいですか 苑
 熱伝導するわたくしたち。指。 し

指先がキララキララと鳴いている 羽
 嫌い、嫌いと泣いてほしいのに 静

春も夏も秋も嫌いという君の ま
 ADD.をそろそろこのゆびで消す ヒ

少しだけ誰かを失えるだろうか 苑
 気球に乗り込む人を見つめる し

暖かな大気を抱いて眠る夜 羽
 訳のわからない微笑を交わす 静

くちびるが歪んでるのに気づかない ま
 うたごえなびく女子感化院 ヒ

たった今 汚してしまった白色と 苑
 あなたが押さえる黒い鍵盤 し

オルガンをきれいに分解いたしましょう 羽
 蜘蛛の巣の咲く暖かな日に 静

さよならは正しく紡ぐべきですか ま
 二百年後のあおぞらのため ヒ

美化された空の写真を撒き散らす 苑
 雪洞の中の錬金術師よ し

白銀の魂をもつ僕たちは 羽
 瞳のなかの王国へゆく 静

さようなら冬の姫君さようなら ま
 うはごとくりかへしてゐる夜あけ ヒ

あきらめてもう帰りなさい、白い息 苑
 真冬の三時の悲しい長針 し




       つ

         ら          

     な



              る

     こ

            と


            を



    ゆ

             る


                さ

      れ

    ま

       し








              た
               
二.マダム・ド・ヴァニラの巻

そのひとは夏には顔がよごれてみえた ヒロヒコ
 理由はいくらでも作られる 苑三

その劇の少年を撃つ理由を述べよ しんくわ
 ―「多分、姿勢が歪んでた、から」 羽美

蜃気楼のような記憶を信じよう 静加
 信じよう信じよう信じよう! まひる

うつつともゆめとも分かぬ於母影の ヒ
 幸福の王子、砂糖菓子、星… 苑

砂糖壷に閉じ込められし青年は し
 それでも世界を忘れはしない 羽

快感や時間、価値観、世界観 静
 思い出さなきゃ(思い出さなきゃ?) ま

あはれあはれ悪の組織のきらびやか ヒ
 小劇場の扉は開かない 苑

鍵を探すとき貴方の耳に触れるとき し
 心臓に咲く薔薇の一輪 羽

過ちの過去繰り返す一輪車 静
 千人いれば千人分の ま

にほやかに記憶の小瓶振るマダム ヒ
 逃げて、バニラのとりこになります 苑

パティシエのバニラの付いた指先に し
 噛みつく猫がマダムのすべて 羽

銀猫が艶美に舐めるチョコレイト 静
 よりも熱うくとかしますわよ? ま

うらわかき溶接工のスーツ、初(うぶ) ヒ
 たいせつなとりをかかえてあるく 苑

雛節句 乱入 月 酒 鳥 青年 し
 ぜんぶおくれとマダムは泣いた 羽

とけおちる―百華寥乱―花びらに 静
 こいびとのくちびるをください ま

はね返す歯のやはらかき青林檎 ヒ
 川に放して、空に放して、 苑

放たれて 河には「fish」空には「banana」 し
 君の声だけ思い出せない 羽

浅はかなわたしはサカナ。泡に舞う 静
 あなたと海に帰るのが夢 ま



戻る


女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス