かなしみの次元が同じひとがもしいても絶対あなたではない

ブルーベリー色のインクをくちびるに塗りつけられる夜明け間際に

知らなくていいことばかり知っている微熱の広い額にふれて

麻酔からさめたみたいに思い知る 知らなくていいことなんてない

くいしばり続けてきた歯 こんなにもゆるされているのに気づいてよ

ほどけないリズム重ねてこれ以上埋めてもらえるところもないね

かわいそうなんて今さら遅いから手櫛さくりと上げた前髪

いちにちの終わる/始まる瞬間はふるえませんか携帯金魚

うち捨ててしまえよ 古いぬいぐるみみたいにわたしを抱き続けるな

はなの奥つんとしながら書き上げる秋の夜長のたより あいたい


あなたではない



戻る


女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス