わたしではない

  洗濯板みたいな胸に話したくないことがまだくすぶっている

  罠だって分かってるのに近づいたわたしが悪いらしい竜胆

  薄味のキャベツかじって加速度の足りない、さむい夜やり過ごす

  林檎飴ひとくちもらう帰り道ぜったい渋滞してますように

  胸騒ぎの音がするなら聴かせてとやさしく押しつけられる右耳

  今ぼくのすべてを占めるやるせない怒りの味がするかすり傷

  わたしではないひと攫う計画を覚えるほどに聞かされている

  さびしさを押しつけずにはいられない夜ピアスごと食べる耳朶

  背中にあるネジを自分で巻いてしまうひとに静かに息づく朝を

  奪われるおつもりですか薔薇色の頬のあなたとゆく遊歩道




戻る


女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス