凍らせたはずの台詞

    

汗ばんでゆくくぼみからあふれ出すわたしの中のあなたのこだま   

見続けていい夢もある つぶされる血豆みたいな眠りについた

届かない(助けて)届かない(なんで)絶対に届かない双曲線

もう誰を好きになってもかまわないあなたの手から飛び立つ蝶々

きみもきみもきみもコピーのこの星で寂しがるのが上手になった


凍らせたはずの台詞が発熱の肢体をめぐる 泣かせてほしい

でも、辞書できみのすべてが分かるなら傷口開くみたいにめくる

さびしさもまぶしい夏のアイドルもきみもわたしの歯車でした

戦争をしているときの目だねって覗きこまれているキスの後

萌えー!萌えー! からだの奥のほの暗いスイッチを押すひとに抱かれたい

前髪から落ちるしずくも拭えずに同じ話を聞く あと何度

末永くしあわせになるあなたには残暑お見舞い申し上げない

おとうとのブログの底のむきだしの言葉のとげが指先を刺す

弱虫ってなじられながら(しあわせね)口内炎をさぐる舌先

選ばれないなんてわたしはゆるせない頬にあかるい薔薇色のせる

喉の奥ざわざわ燃えるプライドをとおせんぼ 甘すぎるトローチ

ポケットの奥の鏡の薔薇模様ゆびでなぞって(吸って)(はいて)

やさしい ね いつもみんなに愛されて抵抗力の足りないあなた

あ あれは あなたの悪意 気づいたら戻れなくってくちびるとじる

友達にたぶんなれないひとたちの韓国旅行計画を聞く



戻る


女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス